【ルーチン業務ロボット】大量のチェック業務、エビデンス取得業務の自動化


導入前の課題

  • オフショアを含め、外注化を進めているが、対象のページ数が非常に多いため高コストになる。

  • 属人的作業では、トレーニングコストがかかる。

  • ミスが発生しやすい。

ロボット活用方法

  • チェック内容をExcelで管理し、内容に応じてロボットがチェックやキャプチャを実施。

  • ロボットだけでチェックできない場合、ロボットが白・黒・グレーを判別し、グレーのみ人によるチェック、というフローに変更。

導入後の成果

  • コストおよびミスの撲滅。

  • チェック内容やキャプチャの要件変更にも柔軟に対応可能。


1,079回の閲覧