top of page

RoboStaff新バージョンをリリースしました!

2024年05月07日にRoboStaff派遣型の新バージョン「0.10.11」をリリースいたしました。





新バージョンは以下URLからダウンロードください。


今回のリリース内容は以下の通りとなります。


◯機能追加


【ロボデザイン】

・ロボデザインでデバッグ実行時には「すべてのアプリを終了」を実行しない、無効にする機能を追加しました。

・変数一覧で選択した変数がアクションフローのどこにあるのか、判別しやすくする機能を追加しました。

・ロボットや共通部品をアップロード時に、プロジェクトを一括で選択できる機能を追加しました。

・ロボットや共通部品をアップロード時に、それぞれのバージョンを入力できる機能を追加しました。入力したバージョンはROBOWEBのそれぞれの一覧で確認できます。

・ロボロックを行ったときに、スクリーンロックがかからない機能をロボロックに追加しました。


【ブラウザ操作】

・ブラウザ上で今までフォーカスできなかった要素の取得できる対応を行いました。ファンクションキーのF2をおすことで要素を取得し一覧に表示します。操作したい要素を一覧から選択してアクションを作成します。


【エクセル操作】

・文字色・背景色の設定アクションに、罫線、列幅を変更できる機能を追加しました。


【その他】

・メールの繰り返しを追加しました。

・メールの保存を追加しました。

・メールの移動を追加しました。

・メールを既読にするを追加しました。


【ROBOWEB】

・スケジュールでロボットに設定する引数の説明の書き込み欄を追加しました

・実行予定表へ表示項目のフィルタ機能を追加しました。

・ユーザーを削除する機能を追加しました。

・ロボット一覧や共通部品一覧でそれぞれのバージョンを確認できるようにしました。

・スケジュール一覧画面にて実行端末名を押すと、それぞれのPCモニタリング画面へ遷移するようにしました。

・スケジュール実行時、問題切り分けのためログに現在のOSのユーザーを出すよう機能追加しました。


◯機能修正


【ブラウザ操作】

・要素の繰り返しアクションや、マウス操作アクションで操作個所をテキストで指定する場合に、&nbspをスペースと認識するよう修正しました。


【その他】

・ログ出力アクションへどのログ出力アクションから出力したログなのか判別できる機能を追加しました。

・共通部品への引数や戻り値の設定を11以上設定できるように変更しました。

・共通部品を単体で全実行を行ったときに処理が終わったら、「処理が終わりました」というメッセージを出すよう修正しました。


【ROBOWEB】

・実行予定表で参照権限がないスケジュールを、予定ありという名前で表示されるよう機能を修正しました。



◯バグフィックス


リリース済のバージョンのバグを修正しました。



リリース内容の詳細は、以下URLをご参照ください。


今後もSproutupでは、機能強化・性能改善を図ってまいります。

引続き、RoboStaffのご活用、よろしくお願いいたします。



★===========================★

★RoboStaffホームページはこちら

★RoboStaff派遣型についてはこちら

★RoboStaffへのご相談・お問合せはこちら

★RoboStaffトライアルのご希望はこちら

★===========================★

Commentaires


Sprout up 新着情報
bottom of page