RoboStaffが選ばれる理由

専門知識ゼロでも、ユーザー自身が簡単にロボットの作成ができます。

 

開発やプログラミングが不要だから、特別なスキルがなくてもマクロツールを作成できます。ツール作成・使用にあたっては、研修やナレッジのサイトも活用いただけます。

画像イメージ

コーディングが不要で、ビジュアル性にすぐれた統合開発環境(IDE)です。
以下のような画面で、業務の処理手順やパターンをロボットに記憶させることで、自動化を実現します。

​【サンプル動画】マイナンバー検索

 

Webサイトやエクセル・データベース・メールなどツールをまたがった社内業務を、幅広く自動化することができます。

ベースとなる技術は、WebサイトやWebアプリケーション、エクセル、各種データベース、メール送信等、あらゆる情報間の業務を一気通貫で自動化できます。

「バックヤード業務の人間を増やしたが、ミスが多い…」

「データ入力に時間がかかりすぎて、コストばかり増える」

​「登録やチェックなどのルーティン業務が膨大。人を増やすしかないのか」

「競合の動向調査をスピーディに行いたい」

「モニタリングに手間がかかりすぎて肝心の分析が手薄に…」

​「マクロツール作成と月次報告書を外注したらコスト増大」

「複数のシステムを同時に扱うから、業務が複雑に」

「顧客マスターデータと顧客管理システムが散在。一元管理したいが…」

​「システム操作が複雑だから、教育に時間と費用がかかる」

 

24時間365日稼働可能。ミスなし、引継ぎなしでリソース不足解消、生産性向上、業務品質向上の3つを同時に実現します。

ロボットの稼働は24時間・365日。人による作業と比較してミスがなく、かつ短時間で業務を進めることができます。担当者の休暇や、担当の引継ぎなどのロスもありません。

人手に依存していた業務を、ロボットに任せることにより、業務効率化が図れます。