活用ケース

​各活用ケースをクリックすると詳細を見ることができます。

 
  • 人による作業で手間がかかっていた

  • レポート内容追加などに時間がかかる

  • データや集計管理が属人的になりブラックボックス化

【ケース1】マーケティングロボット

クロールによるデータ取得~レポート作成やシステム登録までをロボットが一元化

導入前の課題

導入後の成果

  • 安定的でミスのないレポーティングが実現

  • レポート作成工程の削減

  • レポート内容の追加・見直しに迅速に対応

 
  • 大量のチェック業務を外注しコスト増大

  • ミスが発生しやすく、教育コストもかかる

【ケース2】大量チェックロボット

チェック対象や基準をExcel管理し、ロボットがアクセス、キャプチャ保存を自動化

導入前の課題

導入後の成果

  • コストおよびミスの撲滅

  • チェック内容やキャプチャの要件変更にも柔軟に対応

  • 活用できるデータが散在し、活かせていない

  • 担当者が異なるため、データが連携できていない

【ケース3】データ集約・レポートロボット

データを定期的・自動的に取得し、定期的・必要なあて先に自動的にレポーティング

導入前の課題

導入後の成果

  • システム開発なしで、散在するデータをビッグデータとして、複数の事業で活用

 
 
  • 属人的な作業で工数がかかる

  • チェック項目が多く、ミスが発生する

【ケース4】コンテンツ運用ロボット

Webページやメルマガの制作・チェック・CMS登録等、コンテンツ運用全体を自動化

導入前の課題

導入後の成果

  • 工数の大幅削減

  • ミスの大幅削減

  • 多数の画面遷移と分岐処理

  • ミスが発生しやすく中断時の手戻り大

【ケース5】システム登録ロボット

担当者は登録情報をExcelで管理するだけ。実際の登録作業はロボットが自動化

導入前の課題

導入後の成果

  • 手戻りの大幅な削減で登録の工数削減

  • Excel上での作業は行いやすく、中断時の手戻りやミスが大幅に減少

 
 
  • 新サービスのシステム開発が資金的・時間的に厳しい

  • 業務手続が流動的で、システム化しても追加開発に工数がかかる

【ケース6】新サービス支援ロボット

新サービスで発生する様々な業務をシステム開発なしで自動化

導入前の課題

導入後の成果

  • 開発なしで、安定した業務支援環境構築

  • 既存システムやExcelを利用するため、ユーザーも抵抗感なく利用可能

  • 業務要件の変更に、柔軟・スピーディーに対応